2016年02月::京都東山区の住宅リフォームは浅田工務店

ブログ
ブログ < HOME

 前の記事→
東山区のN様邸全改装工事を行っています。

ユニットバスも設置完了しています。TOTOサザナで高断熱浴槽・エアインシャワー・ほっカラリ床付きで快適に入浴できます。



階段も架かっています。N様のご要望が既存の階段位置で1Fを出来るだけ広くしたいとの事だったので、半間オープン階段での施工を提案させて頂きました。



部屋も広く見えて階段も積層無垢材を床と同じオーク色に塗装しているので、インテリアに近い雰囲気でとてもいい感じです!

外壁のサッシ廻りデザインした部分の木製サイディングも貼り終えています。

 

業者さんにも大好評で、外壁にも無垢材を使うととてもいい感じに仕上がります。

メーカーや知識不足の営業マンなどのクレームを避ける為に木は腐りやすいというイメージになっており「木はすぐにボロボロになりません?」とよく言われますが、
選ぶ樹種や保護材などを使えばそう簡単には腐りません。それどころか軽量で、高い断熱性があり環境先進国のドイツなどでは最高の建築素材として見直されています。

何よりも「木はいいね~」とよく工事中に近隣のご年配の方から「この家むっちゃええなー」と小学生にまで言ってもらえる景観の良さです。

2Fの天井にも羊毛断熱材が入ってウールに包まれています!







京都で注文住宅、リフォームをするなら自然素材を使った住まいづくりの株式会社浅田工務店にご相談ください!







施工について・施工実績|2016,02,23, Tuesday 05:19 PM|comments (x)|trackback (x)
東山区N様邸の木工事が順調に進んでいます。

1FのLDKの無垢フローリングを貼りました。

天然木なので気候などの影響で膨らんで突き上げないようにスペーサーを挿んで初めから少し隙間をあけて貼って行きます。



人気のオーク材ですが、いい感じの風合いです!



貼り終わったら傷が行かないように養生します。



床下に入れた羊毛断熱材を壁にも充填します。

圧縮されて届いた状態  



梱包から出して壁にしっかりと隙間なく充填します。



フワフワしていて見てるだけで気持ち良くなりますよ!この後数日かけて元の厚みに戻るのでこの上に貼るボードにしっかりと隙間なく充填されて行きます。

浴室にも充填し



ボードを貼っています。



既存の躯体・基礎以外はすべて新築と同じ状態になって行きます!





京都で注文住宅、リフォームをするなら自然素材を使った住まいづくりの株式会社浅田工務店にご相談ください!

施工について・施工実績|2016,02,18, Thursday 08:56 PM|comments (x)|trackback (x)
今日、仕事から帰ってきたら頼んでいたカメラのレンズが届いてました。

ホームページなどに載せる建築写真を撮る仕事用ですが、室内特にトイレや浴室などの狭い箇所を撮るのに広角レンズが必要なので購入。
本体はエントリーモデルですが、レンズは結構いい物みたいなのですがカメラの知識は無いので、まったく使い方が分かりません。



でも覚えたらいい趣味にもなりそうなので、少しずつ勉強し出来上がった家をキレイに撮ります!


京都で注文住宅、リフォームをするなら自然素材を使った住まいづくりの株式会社浅田工務店にご相談ください!
その他|2016,02,17, Wednesday 09:16 PM|comments (x)|trackback (x)
東山区N様邸全改装工事の木工事を進めています。羊毛断熱材を充填した1Fの床に2Fと同じく24㎜構造用合板を貼りました。



電気配線工事も行いました。電気配線もすべて新しい配線になります。



先日搬入した無垢フローリングを気候、季節などの影響もあるので、施行前に開封して施工場所の環境になじませます。



また無垢フローリングは天然木なので色合いや、木目などが同一ではないので、施工後色調や木目に偏りが無くなる様に選別し木目、色がキレイな材はリビングなどの見える箇所に使い、あまり良くないのは収納や家具の下などの目立たない箇所に使います。

今回は人気のあるオーク材での施行です。




来週から1FのLDKに貼っていくので楽しみですね!




京都で注文住宅、リフォームをするなら自然素材を使った住まいづくりの株式会社浅田工務店にご相談ください!









施工について・施工実績|2016,02,13, Saturday 09:25 PM|comments (x)|trackback (x)
東山区N様邸の全改装工事が進んでいます。

ワンルームにするには1本柱を抜かなければいけないのですが、2Fの梁などを受けている柱なので



ジャッキで受けて柱を撤去し補強梁を入れて



更に既存の梁と補強梁を構造用合板でN50の釘で打ち強化しました。



大引きを組んだ1Fの床に羊毛断熱材を充填しました。



断熱材が落ちないように受け桟を打ち掃除機でしっかりゴミを取り

羊毛断熱材を入れていきます。



圧縮されている状態ですが、数日で膨らんでくるので隙間なく充填されます。


羊毛断熱材にはウールの優れた断熱効果があり湿度が高くなると繊維内に湿気を吸収し、逆に湿度が低くなると空気中に放湿し壁内の湿度を40~60%に保つので、カビの心配は要りません。

表面はさらっとして、ヒョウヒダニが 生息できない環境になります。湿度の高い日本の気候に対応できる断熱材です。

接着剤も使っていないので「ホルムアルデヒド」を含んでいません。


施行中もフワフワしていて気持ちよくウールに包まれて生活できるので気持ちがいいですね!



京都で注文住宅、リフォームをするなら自然素材を使った住まいづくりの株式会社浅田工務店にご相談ください!




施工について・施工実績|2016,02,11, Thursday 09:25 PM|comments (x)|trackback (x)

PAGE TOP